生まれ変わる樹木

樹木一本あたりの平均価格

伐採は樹木を伐り倒すことです。一般的には収入を得ることを目的として、樹木を丸太として生産することをさします。近年、整備された街並みのなかに、大きく育ちすぎて、電線の障害となっている樹木や、個人では難しい剪定、枝落としも伐採の一部としておこなわれています。 大きく育ちすぎた樹木は、強風で倒れる危険があります。信頼のおける業者に依頼することで、不安も解消します。樹木の一本あたりの伐採平均価格は、およそ一万円と考えてよいでしょう。業者による価格の違いを事前にチェックして、予算に合わせて余裕のある計画を立てましょう。 庭の樹木を美しく保つことは思いのほか難しく、個人ではできない見事な仕上がりは、職人ならではの技といえるでしょう。

樹木を伐採する必要性

森林は手を付けずに放置すれば原生林となり、樹木が密生し太陽の光が届かなくなります。湿気を帯びた弱い土壌は、植物の生育が限定され、土砂災害を引き起こす原因となります。 森林の環境を整えるには、数年間隔で適度に伐採し、樹木の育成を促す必要があります。より良い樹木を残すために生育の悪い樹木や、成長を妨げる植物を間引くことも必要です。 大切な庭木の剪定を個人で行い、美しい枝ぶりをだいなしにしてしまったという経験はよくあるものです。整然と作り上げられた庭は、それだけで美しいものです。枝落としひとつにしても、どこを省けばいいのか心得ているのが、職人の仕事です。 緑生い茂る木々は、安らぎを与えてくれます。大切に育てて毎日の生活に潤いをあたえましょう。